新・テレビの中からこんにちは。Ⅱ

カメラや街歩き、保存車を中心に色々と展開している、同人サークル『ジャンク難あり500円の会』主筆のブログです。

変な感じでクロスプロセス擬きになったEktar100を何とか力業で補正する

こんな形でEktar100を使いたくなかった……。

 話は昨年10月のソウル旅行の頃にさかのぼる。

ソウル旅行の模様はこちらを参考に

実はDMC-G8以外にも、Olympus XA2に奮発してKodak Ektar100を詰めたものもソウル旅行の際にサブカメラとして持ち込んでいたのであるが……帰りの仁川国際空港での保安検査の際に「手荷物にフィルムカメラ入っています」とたどたどしい韓国語で話したものの、お構いなしに強力なX線を浴びせられることとなったのである。

それから数ヶ月の間、ソウルに持ち込んだOlympus XA2は「フィルムが変なことになっているのではないか?」ということで使わないでいたのであるが、急に思い立ってXA2に詰めたフィルムを消費するべく慌てて色々撮った後で、現像に出した。

しかし、現像から上がったフィルムをスキャンしたところソウルで撮った分のX線で色かぶりがまるでクロスプロセスのような状態になっていたのである。これは悲惨である。

仕方がないので、PhotoShop CCで色かぶりをできる範囲で除去しながら「こんな形でEktar100を使いたくなかったんだけどなぁ」と思ってしまった。

(Camera:Olympus XA2 Film:Kodak Ektar100)

北村韓屋村にて。

遠くには南山とNソウルタワーを見ることができる。

(Camera:Olympus XA2 Film:Kodak Ektar100)

仁寺洞の街並み。

銭湯好きの端くれとして、本場の沐浴湯には入ってみたかった……。

(Camera:Olympus XA2 Film:Kodak Ektar100)

ソウル駅前の歩道橋にあった、誰でも弾けるピアノ。

これは果たして現代アートなんだろうか?

(Camera:Olympus XA2 Film:Kodak Ektar100)

修復された南大門。

道路部分をグレースポットとして指定したので、これは何とか救済できた。

(Camera:Olympus XA2 Film:Kodak Ektar100)

ソウル戦争記念館のF-51Dムスタング

こんな写りだと逆に印象深い感じすら受けるのはなぜか。

(Camera:Olympus XA2 Film:Kodak Ektar100)

ちなみに日本に戻ってから撮った写真だと何も異常はなかったりする。

……が、何かOlympus XA2のシャッターが不安定そうな感じ(画面右端が少し暗い感じがする)を受けるので、そろそろ都内の信頼できる修理店に修理に出すべきか。

Panasonic DMW-LT55を取り付けて貨物機を撮ってみよう

M4/3レンズにフロントテレコン装備で撮ってみたらどうなった?

以前よりM4/3ユーザーの間ではM4/3の望遠ズームにOlympusコンデジ用フロントテレコンであるTCON-17X(XZ-1用)を取り付けて撮影する、というのはよく知られていた話であった。

実際俺自身、電動ズームであるLumix G X PZ 45-175mmを買った理由が、基地祭など「稀にあるかもしれない」航空機やヘリコプターの超望遠撮影時にTCON-17Xを取り付けてズームした際にもレンズ側の全長が変わらないという理由であった。

しかしながら、TCON-17Xはメーカーの生産終了後にヤフオク!やメルカリで2万円前後というコンデジ用のアクセサリーとしてはそこそこ高値で取引されるようになってしまい、なかなか気軽に手が出ない存在になってしまったのであった。

そんな折、秋葉原のキタムラのジャンク市でOlympus TCON-17Xの先代モデルであるTCON-17のOEM品とも言われているPanasonicのフロントテレコンのDMW-LT55が500円という信じられないほどの安値で並んでいたので「これは運がいい」という事で早速購入し、その足でヨドバシカメラLumix G X 45-175mmとDMW-LT55とを繋げるべくマルミの46mm-55mmのステップアップリングを購入したはいいものの、日常的に換算595mmの超望遠を使う機会などないのでしばらくの間は放置されていた。

……とはいえ、どっかで使ってテストをしてみたい、という事で隅田川貨物駅に隣接する歩道橋の上から普通の望遠レンズでは届かない位置にいる貨物機を撮影することに。

(Camera:Olympus OM-D E-M1 Lens:LUMIX G X PZ 45-175mm F4-5.6 ASPH.+DMW-LT55)

隅田川貨物駅で入換中のEH500-32(仙貨)。

マスターレンズであるLumix G X PZ45-175mmの性能が「とにかくいい」ので、DMW-LT55を取り付けても非常にシャープに写るのには驚いてしまった。

(Camera:Olympus OM-D E-M1 Lens:LUMIX G X PZ 45-175mm F4-5.6 ASPH.+DMW-LT55)

大宮車両所での全検の際に国鉄特急色に戻されたEF65 2091(新)とヨ8000。

国鉄特急色に戻されたJR貨物所属のEF65更新機はまだまだ珍しい存在だが、それに今では見る機会の少ない車掌車のヨ8000も一緒に並んでいるという光景はますます珍しい。

(Camera:Olympus OM-D E-M1 Lens:Olympus M.Zuiko Digital 45mm F1.8+DMW-LT55)

OlympusのM.Zuiko Digital 45mm F1.8にもDMW-LT55を取り付けて東武70000系を撮影。

マスターレンズが単焦点なので、DMW-LT55を取り付けてもしっかりと撮れている。

このM.Zuiko Digital 45mmとDMW-LT55の換算150mm相当となる組み合わせで、参議院選挙期間中で自陣営の応援演説を某駅前ロータリーで行っていた某有名政治家の姿もしっかりと撮影できたが……現在は選挙期間中なのでどの政治家を撮影したかはまだ言わないでおこう。

(そのうち何かしらの形でネタにする予定ではある)

 

僻地ですることもないのでProgateで今更htmlとCSSを学ぶ。

 僻地ですることもないので今更htmlとCSSを学んでみよう。

f:id:junk500lab:20190705184957p:image

 訳あって一ヶ月くらいを目処に市街地からかなり離れた僻地にいる。

そもそも僻地には山と古い寺社以外は何もなく、それこそ日用品を買うためのスーパーまで移動するにも、先代クロスバイクの老朽化が深刻だったので新しく買ったクロスバイクであるあさひのプレシジョンスポーツ(2019)でないと移動が困難な場所にあるので、暇を潰そうにも暇など潰せないのである。

また、例の職業訓練は終わったが、一ヶ月の間の仕事の「当て」などない。

(僻地の住処には何故か固定回線すらないので、スマホテザリングだけで運用している)

僻地での一種の救いは現れた、か……?

何もない僻地での過ごし方について悩んでいたそんな時、ふとTwitterを見ていると『オンラインでプログラミングを学べるサイト』というのがある、との情報を知った俺は、早速その『オンラインでプログラミングを学べるサイト』であるProgateにアクセスして会員登録(Googleアカウントがあれば登録可)した上で、それこそ「誰もが一度は触った時のあるプログラミング言語」としてイメージの強いhtmlとCSSを今更ながら学ぶことにしたのである。

html自体は中高生の時から「少しだけ」触ってきたが、CSSに関しては俺には全くもってノウハウがないのでどうしようもないのでゼロからのスタートである。

今となってはサイト構築には欠かせないCSSの側面をProgateのスライドから学び、早速演習問題をやってみるも、各種ミスの連続でどうしようもなくなったが、演習の答えと自分が打ったコードを対比させながら、どこが間違っていたのかを学ぶしかないのである。

開発環境を整えよう

Progateで学ぶ以外に実際に簡単なサイトを構築して学べないか?

……ということで、曲がりなりにもhtmlとCSSの開発環境を整えよう、ということでProgeteで勧められていたAtomも手持ちのMacBookPro(MD101J/A)に早速入れてみた。

しかしながら、実際に演習でやったようにAtomを使ってHPを一から構築しようとしても、如何せん能力不足でロクな感じのHPが出来上がらないのである。

どうすればうまい具合にHPのコンテンツを作れるのか、というのが今後の課題であり、少なくとも、HPを一から作れれば、このBlogその他のデザインも今よりもより今風にカスタマイズできる技量がちょいちょい身に付くかもしれないのである。

(もしかしたら少しばかりの食い扶持に繋がるかもしれないのである)

話題の中華イヤホン、KZ ZSN Proを買ってみた。

中華イヤホンの実力はどうなんでしょ?

ハイレゾDAP(Fiio X1)の実力を高めるべく、リケーブルが可能な中華イヤホンが欲しくなった。

amazonで売っているリケーブルが可能なイヤホンは軒並み5,000円くらいと値が張るが、かと言って安すぎるのも正直なぁ……と思っていた中、KZ製のZSN Proがセール中だったので買ってみた次第である。

 (Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Lumix G25mm F1.7 ASPH.)

リケーブルが可能なイヤホンは初めてなので、どれがどう繋がるのかが分からずに苦闘した末に何とか形になったが、今のハイエンド風のイヤホンとはこんな感じなのかと思ってしまった。

(Camera:Panasonic DMC-G8 Lens:Lumix G25mm F1.7 ASPH.)

KZ ZSN Proはこんな感じにシンプルな外箱に入っていた。

(箱の大きさとしては一般的なタバコの箱と同じくらいか)

手持ちのハイレゾ音源で聞いてみた。

早速、手持ちのハイレゾDAPのFiio X1(もう買って何年になるんだか)と小型ポータブルアンプのTopping NX1sの組み合わせで手持ちのハイレゾ音源を聞いてみた。

 以前に使っていたハイレゾ対応を謳うイヤホン(X-RIDE X1)と聞き比べると「今まで聞いていた音楽とは何だったのか?」という感じすら受けた。

まず何よりも「音」に対する解像度が今まで使ってきたイヤホンとはまるで違う、という事をオーディオ素人の俺でも感じるほどなので、上質なケーブルにリケーブルしたらどうなるのだろうか、と想像すると非常に楽しくなるのである。

こういうサントラ盤をZSN Proで聞くと、臨場感のある感じで何とも素晴らしい。

総論

3,000円以下でこの臨場感と「音」の解像度という事で、間違いなく「買い」と言ったところ。

(eイヤホン辺りで売っている本当のハイエンドなイヤホン辺りと比べると劣るだろうが)

これをベースに上質なケーブルにリケーブルしたり、耳に合うようにイヤーピースを交換したり……という具合にカスタムしていくとハイエンドなオーディオ方面の趣味にどんどん広がって、いろいろな意味で面白くなりそうである。

 

【保存車めぐり】神明町都電車庫跡公園 東京都交通局 乙2・6063号車【その15】

今回は、神明町都電車庫跡公園に保存されている東京都交通局乙2・6063号車を。

(Camera:Olympus OM-D E-M1 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)

木製貨物車の都電 乙2号。

1941年に保線用に製造され、1971年に荒川線で廃車となった経緯のある2軸車で、廃車後に旧神明町都電車庫の跡地であるこの公園に保存された。

(Camera:Olympus OM-D E-M1 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)

都電 乙2号車の運転台部分をアップで。

長年整備されていないため状態は悪く、扉部分はほぼ崩壊している。

(Camera:Olympus OM-D E-M1 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)

都電 乙2号車の屋根部分を見る。

木製車体という事で各部の崩壊がかなり進んでいて、素人目には最早手の施しようがないように思える。

(Camera:Olympus OM-D E-M1 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)

都電6063号車。

1949年に製造され、晩年は荒川線で1978年まで運用されていた。

Ingress Primeでは『Old Streetcars』という名前でポータルになっているが、Pokemon Goではジムではなく単なるポケストップになっていた。

ちなみに、今回訪問時にはこの都電6063号車は味方のポータルだったのでL8・L7レゾを挿して補強をしたのであるが、RES陣営に攻撃されたのは数日後だった辺りに、都内においてもPrime化以降はユーザーを自社のPokemon GOに「喰われてしまった」Ingressの衰退傾向が見えてしまった。

(AGの溜まり場だったG+も消えちゃったし、避難先のMeWeも盛り上がらないしなぁ。)

(Camera:Olympus OM-D E-M1 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)

都電6063号車の乙2号側に隣接したヘッドライトは脱落している。

(Camera:Olympus OM-D E-M1 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)

都電6063号車の台車部分を見る。

2021年を目途に文京区が神明町都電車庫跡公園を再整備予定とのこと。

ここに書かれた掲示こそ『公園の再整備』という事であるが、ひょっとしてコレは荒廃した保存車の再整備を意味するのか、それとも解体を意味するのががよく分からないところである。

アクセス

JR田端駅から徒歩15分。

今回訪問時にはメトロ千代田線の千駄木駅からブローニーのフィルム現像の時間を潰すために神明町都電車庫跡公園まで歩いて行った……のであるが、Pokemon Goのアップデートで「いつでも冒険」モードが自動的にOFFになっていた為に千駄木駅からの歩数がカウントされず、当然ながらハクリューの飴が貰えなかったのである。

(嗚呼、合掌)